鬼龍院 翔(キリュウイン ショウ)

プロフィール

Vo-karu(Vocalのこと)担当。1984年6月20日生まれ。東京都浅草出身。中学時代から音楽と笑いが好きだったため、19歳の時に喜屋武豊らと前身バンド「ニャーん」を組み、「TEENS’MUSIC FESTIVAL」に出演し、奨励賞を受賞しました。また、東京NSCに在籍していた時期があり、お笑いコンビ・しずるの池田一真と「チョコサラミ」というコンビを組んで活動していました。NSC卒業後はお笑いの世界では成功出来ないと感じ、すぐに芸人から方向転換してバンドを始めたのだそうです。高校は木村カエラと同じ東京都立向丘高等学校出身で、カエラとは同じクラスになったこともありますが、会話を交わしたことは数えるほどしかなかったそうです。高校では軽音楽部に所属していました。喜屋武豊とは高校時代からの友人ですが、同じ高校ではありませんでした。ゴールデンボンバーでは全楽曲の作詞・作曲を手掛けています。エアーバンドですが、バイオリンやピアノなど一通りの楽器は演奏することができます。また、ライブの演出やライブ中に行われる演劇の脚本も手がけるなど、多彩な才能の持ち主です。バンド内のキャラクターでは「鉄腕アトヌ」「夜魔堕さん」「Gockt」「ヤワラちゃん」「翔也」などを担当しています。2011年1月5日から「ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン」にてラジオのパーソナリティを務めています。翌2012年6月20日には、初の自伝(風の)本である「ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?」を発売し、東京NSCへ通っていた過去などを公表しました。同年9月2日から放映開始された特撮ドラマ「仮面ライダーウィザード」ではソロ名義で同作主題歌の「Life is SHOW TIME」を発売しました。2012年11月21日、高音域の声を出そうとすると、首周りの筋肉が異常に硬直してしまう発声障害となり、予定していたソロ公演の延期を発表しました。しかし1年後に無事振替公演を成功させています。2014年1月9日には、Twitterで引越し業者に自身の引越し情報を無断で洩らされたために引越しの中止を余儀なくされるという事件がありました。この一件との関係は分かっていませんが、同年1月16日、ブログ上でツイッターを退会した事と今後はブログに専念することを発表しました。

今、あの曲が熱い!

趣味嗜好

タミヤのTシャツを長年愛用しており、彼が度々同Tシャツを着てTVなどに出演したことからタミヤのTシャツの売り上げが伸びた為、タミヤ本社からお礼と共に彼が希望した「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の限定ミニ四駆がプレゼントされるというやり取りがありました。猫背ですきっ歯、頭が大きい、初体験が23歳など、自ら自虐ネタを披露することも多々あります。また、中学時代からMALICE MIZERのファンで、GACKTを尊敬しています。有名アーティストの楽曲のパロディ曲も多く作っており、アルバム「イミテイション・ゴールド~金爆の名曲二番搾り~」では、歌い方も特徴を掴んだ物真似を披露しています。年末年始は日雇いのアルバイトをすることが恒例となっていて、2012年はコンサートスタッフ、2013年はローソンの店員、2014年は番組観覧のアルバイトをしました。

歌広場 淳(ウタヒロバ ジュン)

プロフィール

1985年8月30日生まれ、千葉県出身。Be-su(ベースの事)担当。2007年4月22日にメンバーに加入しました。芸名の由来は、鬼龍院と喜屋武の二人が漢字三文字の苗字を使用していたことから三文字の苗字を考え、「女性に親しまれる芸名がいい、女性はカラオケが好き。みんなに覚えてもらえる苗字がいい」という発想からカラオケボックスの店名「歌広場」から拝借しました。愛称は「うぱ」「じゅんじゅん」「うたひろ」などです。中学・高校時代から学業が優秀であり芸術学系の名門と言われる日本大学藝術学部文芸学科に進学しました。大学時代にゴールデンボンバーのライブを偶然見て、ホームページ上にあったベーシスト募集要項の「ベースが弾けなくてもいい ベース弾けない人大歓迎!」という条件に惹かれて加入希望メールを送りました。メンバー内で唯一本名を明かしていますが、これは大学在学中にホームページに宣伝を乗せてくれると言われ承諾したところ、本名も書かれてしまったためでした。その後、インターネットラジオ内でうっかり自分から本名を明かしてしまい、それ以降ブログなどでも自らネタにするようになりました。他のメンバーと同じく担当楽器を弾くようなパフォーマンスはしますが、実際は全く弾いていません。ライブで使うベースギターの弦は2本か3本しか張っておらず、タコ糸などを使用しています。バンド内では曲ごとの振り付けと煽りを主に担当しています。ゴールデンボンバーはエアーバンドですが、加入以前には別のバンドでベーシストとして活動しており、FCライブなどではベースの生演奏を披露することもあります。ゴールデンボンバーの活動以外では、元々ユーザーであったアパレルブランド「MINTNeKO」でコラボ商品が発売されているほか、同ブランドでモデル活動も行っています。2013年3月14日には、自身プロデュースによるイケメン店員を集めたフルーツパーラー&バー「オータムリーフ」を秋葉原にオープンさせました。

マイナーな歌が好きな件

趣味嗜好

メンバー内で最も頻繁に髪色が変わり、以前は黒と金のツートンカラーだったのですが、「黒髪を基に襟足のみ金」から「オレンジがかった金髪」を経て、銀髪、ミントグリーン、エメラルドグリーン、青メッシュ、再び初期時代の黒と金のツートンへと変わっています。髪色は派手ですが、ツッコミに回ることが多いためか、メンバー内では自分が一番目立たない事を自虐ネタにもしています。好きなアーティストはメガマソの涼平で、彩冷える時代からのファンであり、大学の卒業論文のテーマにも選んだそうです。またDIR EN GREYにVISUAL SHOCKを受けたと、「僕らの音楽」出演時に語っています。ヘドバンのやりすぎでドクターストップがかかった事もあるそうです。「the GazettEのれいたファンのバンギャル」という設定の「バンギャル代表・淳子@れいたの嫁」というキャラクターでステージに上がり、ダンスを披露することもあります。大学の専攻が文芸学科だったこともあり、文芸に明るく、ミュージカルへの造詣も深いのが特徴です。小説では学生時代から島田雅彦を敬愛しており、発売前の作品「傾国子女」を本人から贈呈されて感激したというエピソードもあります。また、幼少期から宝塚に憧れがあったと公言しており、現在も観劇しています。

おすすめインディーズ

メールアーカイブ&フィルタ、マルチテナントエディション、サーバ用誤送信防止、クライアント用誤送信防止などのhttp://www.infocms.jp/が充実しております。